田村優は前回W杯より大成長。運命のスコットランド戦へ「爆発する」

田村優は前回W杯より大成長。運命のスコットランド戦へ「爆発する」

田村優は前回W杯より大成長。運命のスコットランド戦へ「爆発する」の画像

列島が日本代表の快進撃にわいている。そのチームを司令塔としてリードするのが、30歳のSO(スタンドオフ)田村優(キャノン)だ。10月13日。初のラグビーワールドカップ(W杯)決勝トーナメント進出をかけた大一番。相手は4年前のW杯で敗れたスコットランド代表だが、田村は「めぐり合わせかなと思います」と言葉に実感をこめた。

正確なキックで日本代表に貢献している田村優


「(日本は)4年前、中3日という苦しい状況で試合をして、今度は逆の立場(日本が中7日、スコットランドは中3日)で…。みんな、いろんな思いがあると思いますけど、それを試合で全部、出したいなと思います」
 4年前のラグビーW杯。日本代表は初戦で優勝候補の南アフリカを破る大金星を挙げながら、中3日で迎えたスコットランド戦では10−45で大敗を喫した。結局、この敗戦が響き、日本代表は1次リーグで3勝を挙げながらも、決勝トーナメントに進めなかった。
 田村はそのスコットランド戦、センター(CTB)として先発出場した。当時、W杯初先発の26歳。まだ若かった。自身のパスをインターセプトされ、相手ウイング(WTB)に独走トライを許した。その敗戦と悔恨があればこそ、「天才」はその後、たゆまぬ努力を続けたのだろう。大きく成長した。
 プレーに安定感を加えた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)