東京五輪でも見たい!世界陸上で注目度アップの女性アスリート7選

東京五輪でも見たい!世界陸上で注目度アップの女性アスリート7選

東京五輪でも見たい!世界陸上で注目度アップの女性アスリート7選の画像

連日の酷暑にも負けない熱戦が繰り広げられた、2019年の世界陸上(カタール・ドーハ)。翌年に東京五輪を控えていることもあり、注目度が高かった今大会。そこで輝きを放った女性アスリートたちから、来年の五輪でも活躍が期待される7人を厳選して紹介する。



アンジェリカ・シドロワ(28歳)
Authorised Neutral Athletes(ロシア)/棒高跳<金メダル>
苦境を乗り越え5mジャンパーへ
世界のトップ選手として活躍が期待されていたリオ五輪は、ロシア陸連のドーピング問題で出場できず。世界選手権ドーハには”中立の選手(ANA)”として出場し、母国の元女王であるエレーナ・イシンバエワの5m01に次ぐ、大会歴代2位の4m95で初優勝。5m超えに大きな可能性を感じさせた。



ヤロスラヴァ・マフチク(18歳)
ウクライナ/走高跳〈銀メダル〉
進化を続ける18歳ジャンパー
13歳で競技を始め、2年後のU−18世界陸上では大会記録となる1.92mを跳んで金メダルを獲得。その後も記録を伸ばし続け、世界陸上ドーハでは初の2m超えとなる2m04を成功させた。自身の憧れでもあり、世界陸上3連覇を達成したマリア・ラシツケネ(ANA/ロシア)には及ばなかったが、東京五輪での頂点が見える戦いだった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)