ラグビー姫野和樹が語る「大事なのは、チームに情熱と愛情を注ぐこと」

ラグビー姫野和樹が語る「大事なのは、チームに情熱と愛情を注ぐこと」

ラグビー姫野和樹が語る「大事なのは、チームに情熱と愛情を注ぐこと」の画像

姫野和樹インタビュー vol.1

 ワールドカップ開幕戦のロシア戦、そして日本中にインパクトを与えた2戦目のアイルランド戦において、重戦車のようにパワフルなボールキャリーと勇敢なタックルで日本の前線のキーマンになっていた姫野和樹選手が登場。開幕前のインタビューとともに彼の魅力に迫る。

ラグビーとの出会いから魅力まで語った姫野和樹

――まず、姫野選手は中学からラグビーを始めたそうですが、どこに惹かれてこのスポーツをやろうと思ったのですか?
当時から身体が大きかったこともあって、バチバチぶつかり合うコンタクトプレーに惹かれたのが一番の理由。パワーなら誰にも負けないと思っていましたし、実際に負けたことはありませんでした(笑)。ボールキャリーやタックルで相手を吹っ飛ばすのが大好きでしたね。でも、本当の意味でこのスポーツの魅力を実感したのは高校から。「チームのためにこの身体を張る」というところに価値を見出すことができたと言いますか、高校時代に芽生えた仲間意識やチーム愛が今の自分につながっていると思います。
――名門・帝京大学を卒業後、2017年にトヨタ自動車ヴェルブリッツに加入。すると初年度から主将を任され、同年秋には日本代表初選出。順風満帆なキャリアのようにも思えますが、これまで挫折などはあったのでしょうか?

もちろんありました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)