田中将大は「観る力」がケタ違い。「勝てる」礎は中学時に築き上げた

田中将大は「観る力」がケタ違い。「勝てる」礎は中学時に築き上げた

田中将大は「観る力」がケタ違い。「勝てる」礎は中学時に築き上げたの画像

あの時もキミはすごかった〜ヤンキース・田中将大編
 いまや押しも押されもせぬニューヨーク・ヤンキースのエース格となった田中将大は、ワールドシリーズ制覇に向けて、連日激闘を繰り広げている。その田中について、アーロン・ブーン監督からのコメントを何度か見たが、「マサがいいピッチングをしてくれた」とか、「マサはいつでも試合を託せる」など、「マサ」が今の田中の呼び名のようだ。
 だが、私にとって「マサ」も「マー君」も「タナカ」もしっくりこない。私のなかでの田中将大は、いつも「マサヒロ」だ。それは田中がチームメイトや指導者からそう呼ばれていた頃に、田中と初めて出会ったからだ。

宝塚ボーイズから駒大苫小牧に進んだ田中将大は甲子園でも活躍した

 中学生になった田中が、兵庫県にある硬式クラブチーム・宝塚ボーイズに入団してきたのは2001年春だった。当時、宝塚ボーイズの監督である奥村幸治の取材をしており、毎日のように練習グラウンドに通っていた。
 奥村は高校卒業後、プロを目指しながらオリックス、阪神、西武で打撃投手を務め、オリックスでは1994年にシーズン210安打を放ったイチローの打撃投手として、たびたびマスコミにも取り上げられた人物だ。
 その奥村が少年野球チームをつくり、熱心な指導を行なっていると知り、取材を重ねていたところに田中が入団してきた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)