右サイドの伊東純也が森保ジャパンの攻撃のキーマンである理由

ハーフコートマッチとはよく言うが、この場合は3分の1コートマッチだった。引いて構える相手をどう崩すかがテーマになっていた。
 日本はよくそこで頭を抱える。”抱えたがる”と言うべきか。答えは世界的に「サイド攻撃」で一致しているにもかかわらず、だ。だが、この日の日本は、相手がいくら下がっても、攻めあぐむことはなかった。とくに右サイドから繰り出すパンチは、相手の急所を的確に捉えていた。

 その主役が伊東だった。単独ドリブルも光ったが、周囲とのコンビネーションプレーも上々で、とくに後方で構える酒井宏樹(マルセイユ)とのコンビネーションには目を見張るものがあった。プレーの幅を広げている感じだった。モンゴルの左サイドバックはその裏を何度も取られることになった。おのずとセンターバックの間隔も広がることになり、いくらゴール前を固めても、外から剥がされていくという状態に陥った。

 後半12分、酒井宏樹に代わり、小兵のSB安西幸輝(ポルティモネンセ)が投入されると、右からの攻撃はさらにバラエティ豊かになった。より立体感が生まれた。ライン際に開いて構える伊東のその内側を安西が突くというパターンに、従来にはない新鮮さが感じられた。

 ウイングが真ん中に切れ込み、SBがタッチライン際を縦に走る。堂安と酒井を含め、ウイングとSBの関係はたいていがこれだが、SBの負担が軽いのは、SBが内でウイングが外の方だ。

関連記事(外部サイト)