右サイドの伊東純也が森保ジャパンの攻撃のキーマンである理由



 伊東の話に戻せば、ドリブルもキレていたが、視野も広くなっていた。俯瞰で見ると、中島が繰り出すクロスより、伊東の繰り出すクロスの方が、納得できるコースを的確に突いていた。可能性を感じさせるキックを送り込んでいたのは伊東の方だった。

 日本代表は常時、攻撃に3つのコースを見いだすことができるか。それは森保ジャパンの浮沈のカギを握るポイントといっても言い過ぎではない。伊東はそのキープレーヤーになるのか。世界的にも貴重な右利きの右ウイングの、CLでの活躍にも目を凝らしたい。

前へ 1 2 3 4 5 6

関連記事(外部サイト)