穴党記者が近年の秋華賞の傾向を分析。そこから導き出された穴馬4頭

穴党記者が近年の秋華賞の傾向を分析。そこから導き出された穴馬4頭

穴党記者が近年の秋華賞の傾向を分析。そこから導き出された穴馬4頭の画像

「3歳牝馬三冠」の最終戦、GI秋華賞(京都・芝2000m)が10月13日に行なわれる。

 ここ10年の結果を振り返ってみると、2010年のアパパネ、2012年のジェンティルドンナ、そして昨年のアーモンドアイと、3頭の「三冠牝馬」が誕生していることもあって、比較的平穏な決着に収まっていることが多い。

 とはいえ、秋華賞と言えば、2008年に3連単の配当が1000万円台を記録しているように、本来は”穴党向け”のレースと言える。

「しかも、今年は春の二冠の勝ち馬が不在」と、日刊スポーツの木南友輔記者が言うように、GI桜花賞(4月7日/阪神・芝1600m)を快勝したグランアレグリアが別路線に進み、GIオークス(5月19日/東京・芝2400m)を制したラヴズオンリーユーは調整遅れなどがあって、ともに出走を回避した。

「これは、2002年以来のことで、その年は無敗で、クラシック不出走のファインモーションが勝っています。そうなると、今年は無敗のサトノダムゼル(牝3歳)ということになるのか……。う〜ん、どうなんでしょう……」と、木南記者は波乱ムードを匂わす。

 そうした雰囲気のなか、デイリー馬三郎の吉田順一記者はこんな見解を示す。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)