柴崎岳さんとプレーしてみたいけど…。森島司は本音を抑え言葉を濁した

柴崎岳さんとプレーしてみたいけど…。森島司は本音を抑え言葉を濁した

柴崎岳さんとプレーしてみたいけど…。森島司は本音を抑え言葉を濁したの画像

東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(8)
サンフレッチェ広島・森島司@後編
 今や、サンフレッチェ広島の攻撃に欠かせないタレント――。そう言ってもいいだろう。シャドーを務める森島司のことだ。今シーズンのブレイクに迫った前編に続き、後編ではふたりの兄の影響でサッカーを始め、名古屋グランパスU−15、四日市中央工業高校へ辿った歩みと、U−22日本代表のチームメイトについて訊いた。
「サンフレッチェ広島・森島司@前編」はこちら>>>
「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>

MF森島司(もりしま・つかさ)1997年4月25日、三重県生まれ。四日市中央工高出身

―― ふたりのお兄さんもサッカーをやっていたそうですが、サッカーを始めたきっかけは、やはりお兄さんたちの影響ですか?
森島司(以下:森島) そうですね。兄と同じ三重の愛宕(あたご)サッカー少年団に入っていて、父が監督でした。
―― 遠藤保仁選手も、本田圭佑選手も、兄さんと一緒にサッカーをやって敵わなくて、悔しくてうまくなったと言っています。森島選手も?
森島 いや、悔しいとか、憧れていたとか、そういうのはなかったですね。年齢も違うからしょうがないなって(笑)。
―― その後、名古屋グランパスのU-15に入りました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)