学生長距離界のエース、東洋大の相澤晃。三大駅伝全てで区間記録を狙う

だから、まずは1万mで結果を出し、マラソンへとつなげていきたいと思っています」

――続いてロード、駅伝についての話を伺っていきたいと思います。夏からチームに合流し、合宿を通じて練習を重ねてきたなかで、主将としてチーム現状をどう見ていますか?

「春先よりはチームとしてだいぶまとまってきましたね。最初の頃は僕がトラックの大会が多くてチームにいられなかったのですが、その間は同じ4年生で副主将の今西駿介がサポートしてくれたり、下級生も先頭に出て引っ張ったりしてくれたので、チームの雰囲気もいいと思います。

 正直、今年の箱根で一緒に走った、当時4年生の山本修二さんや小笹椋さんが抜けた穴は大きい。でも、1年生はすごく元気がありますし、5月の関東インカレ・ハーフマラソンで活躍した2年生の宮下隼人と蝦夷森(えぞもり)章太も、昨年ケガで走れなかった悔しさを胸に奮闘しています。3年生も西山和弥、吉川洋次とチームの主力がいるので、先輩たちが抜けた穴は埋められると思います」
――大学駅伝三冠に向けて、順調に仕上がってきていると。

「『完全に仕上がっている』とは言い切れません。あくまで僕個人の見解ですが、まだ三冠が狙えると言えるほどチームとして仕上がっているとは思っていないからです。だから、新チームになってからも『三冠を取ろう』という目標は、あえて掲げていないんです。

関連記事(外部サイト)