学生長距離界のエース、東洋大の相澤晃。三大駅伝全てで区間記録を狙う

この前の合宿の時には、主将の鈴木塁人選手(4年)と話をしましたよ(笑)」

――他大学の選手とも連絡は取り合うんですね。

「もちろん互いの戦略などは明かしませんが、やりとりはします。とくに鈴木塁人選手からは、大会前になると必ずLINEで『何区を走るの?』って連絡がくるんです(笑)。箱根の前にも『足痛いらしいじゃん。でも逆に調子いいらしいね』と聞かれて、その時は本当に痛かったので『痛い』って返しました(笑)」

――ライバル間でもそんなやりとりがあるんですね(笑)。では最後に、あらためて今シーズンの駅伝に向けた意気込みをお願いします。

「まだ三冠は目標じゃないと言いましたが、やはりどの大会でも優勝したい気持ちは強いです。ただ、そのためには僕が区間賞を取ることが必須だと思っています。 それに僕は、周囲の方が言ってくれるような”学生長距離界のエース”として覚悟を持って走っていますし、そのポジションは譲れないので、中途半端なレースは絶対にできない。出雲、全日本、箱根全てで区間記録を狙い、全ての大会でトップを目指したいです」

前へ 1 2 3 4 5 6

関連記事(外部サイト)