主将リーチは「鬼になる」。運命のスコットランド戦、奇跡は再びあるか

主将リーチは「鬼になる」。運命のスコットランド戦、奇跡は再びあるか

主将リーチは「鬼になる」。運命のスコットランド戦、奇跡は再びあるかの画像

台風の影響で試合中止も心配されたが、10月13日、ラグビーワールドカップで躍進を見せている「ブレイブ・ブロッサムズ(勇敢な桜の戦士たち)」日本代表(世界ランキング8位)が、ついに予選プール最終戦を迎える。対戦相手は、前回大会で唯一敗れた因縁の伝統チーム、スコットランド代表(同9位)だ。

スコットランド代表戦を目前に控え、意気込みを語るリーチ

 過去の対戦成績は日本代表の1勝9敗で、互いにテストマッチと認めた試合は0勝7敗。当然、ワールドカップでスコットランド代表に勝利したことはない。
 10月12日時点、サモア代表に勝ったアイルランド代表が勝ち点16で予選プール首位に立ったものの、日本代表は1試合を残して勝ち点14で2位、スコットランド代表は勝ち点10で3位と、日本代表が有利な立場は変わらない。なぜなら、日本代表は負けても決勝トーナメントに進出できる可能性を残しており、引き分け(勝ち点2)以上なら文句なしに1位で決勝トーナメント進出、そして悲願のワールドカップベスト8進出が決まるからだ。
 司令塔のSO(スタンドオフ)田村優(キヤノン)が「僕らの決勝戦」と言うほどの大一番。日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は、サモア代表戦から先発4人を交替させた。
 HO(フッカー)堀江翔太(パナソニック)、LO(ロック)トンプソン ルーク(近鉄)といった頼れるベテランFWふたりを先発させ、BKにはトンガ出身のFB(フルバック)ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ)、そして2試合連続トライ中のWTB(ウィング)福岡堅樹(パナソニック)を今大会初めて先発に起用した。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)