イブラヒモビッチが貫く俺様道。「王のように来て、伝説として去る」

イブラヒモビッチが貫く俺様道。「王のように来て、伝説として去る」

イブラヒモビッチが貫く俺様道。「王のように来て、伝説として去る」の画像

スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第7回

「異端児」扱いされながらも、溢れる才能を見せてファンにものすごく愛されてきたサッカースターたちがいる。前回のカントナに続き、今回もあの「破格」のプレーヤーを紹介。

◆ ◆ ◆

「オーディションは受けない」

 マルメのユースチームでプレーしていたころ、アーセナルから「トライアルを受けてみないか」と誘いがあった。

 マルメはスウェーデンの名門クラブだが、アーセナルとなれば格もサラリーも違う、飛躍の大きなチャンスである。ところが、17歳のズラタン・イブラヒモビッチは「オーディションは受けない」と、誘いを一蹴してしまった。

現在はアメリカのLAギャラクシーのエースとして活躍するイブラヒモビッチ

「俺のことを知りたいということは、本当に俺を欲しがっているわけではないからね」

 後にそう説明している。そう言われればもっともな感じもするが、10代でこの自尊心の高さは、いったいどうしたことなのかとも思ってしまう。

 ボスニアから来た男とクロアチアから来た女がスウェーデンで出会い、そこでズラタン・イブラヒモビッチは産まれた。スウェーデン人だがスウェーデン人の血は入っていない。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)