山本尚貴がトロロッソで好走。思い出す30年前の「日本一速い男」の言葉

スーパーフォーミュラとGTのダブルタイトルを獲得した実力はダテじゃないし、その真摯で実直な人柄も、内に秘めた闘志や自信も、ひとりのレーシングドライバーとして魅力的だ。
 だからこそ、冒頭にも書いたように「モヤモヤとした気持ち」の中に沈みこんでしまいそうになる。当然、彼の「最も新しいファン」のひとりとして、この先、山本がトロロッソ・ホンダのレギュラードライバーの座を手にし、自らの力を存分に試し、GPでその雄姿を見ることができたら、それはどんなに心躍ることだろうか。
 だが、30年近く「F1の現実」を見てきた筆者には、それがいかに難しいことなのかもよくわかっているつもりだ。そうした状況で、メディアが無責任に期待を煽ることが、どんな結果を招いてきたかを、イヤというほど思い知らされてきた。
 そんな「F1の現実」を、誰よりも意識しているのが、ほかならぬ山本自身であることは間違いないだろう。彼が初めてのF1ドライブを通じて手応えと自信を得ることができたからこそ、新たな火がともされたレーシングドライバーとしての本能を、ここから「未来」へどうつなげるのか……。
「これまでF1は憧れの舞台でしたけど、ものすごく身近に感じることができましたし、もっともっとF1を知りたいなと思いました。より速いマシンをコントロールする技術が自分の中に芽生えたということは、スーパーフォーミュラ、スーパーGT、F1以外のカテゴリーのどのマシンに乗ったとしても非常に有益な経験になると思います。

関連記事(外部サイト)