川崎憲次郎がどん底からMVP。日本シリーズ2連勝で「西武を超えた」

川崎憲次郎がどん底からMVP。日本シリーズ2連勝で「西武を超えた」

川崎憲次郎がどん底からMVP。日本シリーズ2連勝で「西武を超えた」の画像

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(48)
【エース】ヤクルト・川崎憲次郎 後編(前編の記事はこちら)

【神様・飯田哲也の「奇跡」のバックホーム】

――飯田哲也選手の「スーパープレー」が飛び出した、1993(平成5)年日本シリーズ第4戦ですが、この日の神宮球場には、ピッチャーにとっては追い風であり、バッターにとっては逆風となる強風が吹き荒れていました。「風」については、どのような対策で臨んだのですか?

川崎 当時のボールは今ほど飛ばない時代でした。そして、試合前にノムさん(野村克也監督)に呼ばれて、バックスクリーンの旗を指しながら、「おい、あの旗を見てみろ」と言われたんです。そして、「今日は逆風だ。完璧な当たりでなければ絶対に入らないから、思い切り投げろ」と言われました。それが安心材料となって、ストレートで思い切り勝負することができましたね。


1993年の日本シリーズで2勝を挙げ、MVPを獲得した川崎 photo by Sankei Visual

――ライオンズの先発は、前年度の日本シリーズMVP・石井丈裕投手でした。相手投手に対しては、どの程度意識されるものなのですか?

川崎 この時の西武は、工藤(公康)さんもいたし、ナベキュー(渡辺久信)さんもいたし、誰が投げても一線級なわけですよ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)