チーム崩壊のピンチを免れた広島。會澤翼の残留がもたらす意義はでかい

チーム崩壊のピンチを免れた広島。會澤翼の残留がもたらす意義はでかい

チーム崩壊のピンチを免れた広島。會澤翼の残留がもたらす意義はでかいの画像

争奪戦が予想された広島・會澤翼のFA去就だったが、意外にも早く”残留”という形で決着した。広島の精神的支柱である會澤の下した結論に、球団やファンだけでなく、チームメイトも安堵した。

 仮に、會澤が移籍していたら、広島は正捕手を失うだけの損失では済まされなかったに違いない。昨年、新井貴浩が引退し、丸佳浩がFAで巨人に移籍した。3連覇の礎となった黒田博樹、新井の復帰から芽生えた、広島の伝統の継承者が少なくなることは、チームの弱体化につながりかねない。

 広島の伝統を受け継ぐ者は、天才肌でスマートに結果を残すようなタイプではないような気がする。黒田も新井もいわゆる”叩き上げ”で、何度も挫折を味わい、そこから這い上がり地位を築いた。


攻守にわたりチームを牽引する會澤翼(写真左)。投手陣からの信頼も厚い

 シーズンが終了したばかりの頃、チーム内では「アツさん(會澤の愛称)がいなくなったらチームはヤバい……」という声が聞かれた。黒田、新井、丸に続き、會澤まで失うと、再び低迷期に入ってしまうのではないか——。そんな危機感がチーム内に漂っていた。

“會澤残留”は、近い将来だけでなく、長期的な視点から見ても、広島にとって大きな意味を持つ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)