フェデラーが最前線で感じるテニスの可能性「今後もゲームは進化する」

フェデラーが最前線で感じるテニスの可能性「今後もゲームは進化する」

フェデラーが最前線で感じるテニスの可能性「今後もゲームは進化する」の画像

ロジャー・フェデラー(スイス)が、13年ぶりに日本のテニスファンの前でプレーを披露した。
 10月14日、チャリティーテニスマッチ「ユニクロ ライフウェア デー 東京」が、有明コロシアムで開催され、フェデラーは、ジョン・イズナー(アメリカ)とエキシビションマッチを行なった。当初は、フェデラーと錦織が対戦する予定だったが、錦織が右ひじのけがで戦線を離脱しているため変更となった。

ふたりそろってイベントに参加した錦織圭とロジャー・フェデラー

 錦織は、子供たちとのテニスクリニックに参加し、左手で子供たちとボールを打ち合う場面も見られ、「楽しかったです」と観客の前で明るい笑顔を見せた。
 また、フェデラーや車いすプロテニス選手である国枝慎吾らが参加した、健常者テニス選手と車いすテニス選手が一緒にプレーするダブルス、いわゆるニューミックスのエキシビションマッチも行なわれ、そこで錦織は即席の主審を務めて、彼独特のマッタリとしたユーモアで観客の笑いを誘った。
 男子史上最多となるグランドスラム20回の優勝を誇るフェデラーは、1998年にプロへ転向して以降、2000年代前半のピート・サンプラス(アメリカ)やアンドレ・アガシ(アメリカ)から始まって、現在のツアーの中心になりつつある”Next Gen”と呼ばれる若手選手まで、約20年間にわたって実にさまざまな世代と戦ってきた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)