姫野和樹は姫野ノートで自らを奮い立たせ、グラディエーターのように闘う

姫野和樹は姫野ノートで自らを奮い立たせ、グラディエーターのように闘う

姫野和樹は姫野ノートで自らを奮い立たせ、グラディエーターのように闘うの画像

姫野和樹インタビュー vol.2
vol.1はこちら>>
 地元・愛知の豊田スタジアムで行われたワールドカップ3戦目のサモア戦では見事なトライを決め、そして先週末の予選プール最後のスコットランド戦でも日本初のベスト8進出を決める勝利に大きく貢献した姫野和樹。開幕前のインタビューをもとに彼の魅力に迫る。第2回はその圧倒的なフィジカルの秘密と、ラガーマンとしての”理想像”について聞いた。

フィジカルの強さについても語った姫野和樹

──187cm・108kgという恵まれた体躯を十二分に生かしたパワフルなプレーが姫野選手の信条だと思いますが、ご自身としては身体のどの部分に最も自信を持っていますか?
う〜ん、自分の身体を評価するのは難しいですけれど……(笑)、強いて挙げるなら大胸筋(胸囲は116cm!)ですかね。自分としても意識的に鍛えているつもりです。
──大胸筋を鍛えることでゲーム中にどのようなメリットが生まれますか?
まずタックルやボールキャリーの時に単純に当たり負けしにくくなるという利点がありますし、またハンドオフ(ボールキャリー時にタックルに来た選手を、ボールを持っていないほうの手で突き飛ばすプレー)も強くなりますね。
──実際にどういったトレーニングで強化しているのですか?
何と言ってもベンチプレスですね。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)