コンサドーレの小さな巨人、チャナティップが思うタイと日本の相違点

コンサドーレの小さな巨人、チャナティップが思うタイと日本の相違点

コンサドーレの小さな巨人、チャナティップが思うタイと日本の相違点の画像

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

北海道コンサドーレ札幌 チャナティップ(2)

今年27シーズン目を迎えているJリーグは、現在、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになっている。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? この連載では、彼らの本音を聞いていく。

◆ ◆ ◆

「札幌はすばらしい街だね。都会だけど空気が良くて、しゃれたカフェなんかもあって。休日はカメラを持って出かけて、街の写真を撮ったり、カフェでゆっくりしたりしているよ。ご飯もおいしいよね。好物はジンギスカンです」


日本の生活は快適だと語るチャナティップ

 北海道コンサドーレ札幌のチャナティップ・ソングラシンは2年以上を過ごす札幌の街を、「すごく気に入っている」と話す。Jリーグのピッチだけでなく、日本の生活にもすっかり順応した彼は、タイきってのスター選手ながら、普段はとくに華やかな生活を送っているわけではないという。

「日本では快適な生活を送れている。でも生活そのものは、いつも同じサイクルだよ。練習、食事、練習、食事、睡眠、そして試合。この繰り返しだよ。シーズン中の日々にほとんど変化はないんだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)