早くも気になる来年のドラフト。花咲徳栄・井上朋也の打球は音が違う

早くも気になる来年のドラフト。花咲徳栄・井上朋也の打球は音が違う

早くも気になる来年のドラフト。花咲徳栄・井上朋也の打球は音が違うの画像

花咲徳栄のプロ注目選手は、応援スタンドが教えてくれる。同校の定番曲『サスケ』は、チームの中心打者が打席に入ると演奏されるのだ。

 若月健矢、岡崎大輔(ともにオリックス)、大瀧(現・武田)愛斗、西川愛也(ともに西武)、野村佑希(日本ハム)と代々受け継がれ、今夏は先のドラフトで広島から4位指名を受けた好打者・韮澤雄也の応援曲になった。そして秋の新チームから演奏されているのが、2年生の井上朋也である。


1年夏から名門・花咲徳栄のレギュラーとして活躍する井上朋也

 近年、野手の好素材をこれほどコンスタントに輩出しているのは、大阪桐蔭と花咲徳栄が双璧だろう。入学直後からレギュラーとして起用されてきた井上は、2年秋時点で高校通算40本塁打以上を放っている右の強打者である。

 身長180センチ、体重81キロのガッチリした体格。1年夏には横浜高校との練習試合で阪神に3位指名された及川雅貴から本塁打を放っている。

 バットとボールが当たった瞬間の打球音が、ほかの打者とは違う。花咲徳栄は冬場にハンマーでタイヤを叩くトレーニングをすることで知られているが、井上はその効果を誰よりも感じさせるインパクトの破壊力なのだ。

 現時点で本人は「行けるかわかりませんが、目指しています」と、高卒でのプロ志望を口にする。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)