南ア戦で日本の勝利はFW次第。姫野和樹「前にいけるか。自分に期待」

南ア戦で日本の勝利はFW次第。姫野和樹「前にいけるか。自分に期待」

南ア戦で日本の勝利はFW次第。姫野和樹「前にいけるか。自分に期待」の画像

さあ、決戦である。ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で初めて8強入りした日本代表は20日、東京スタジアムで南アフリカとの準々決勝に挑む。何と言っても、南アの強みはでかくてフィジカルの強いFW(フォワード)。日本が勝つためには、FW戦で踏ん張らないといけない。

南アフリカ戦では、No.8としてスタメン出場する姫野和樹(写真中央)


 日本はW杯前の9月6日、南アに7−41で完敗した。トライ数が1本対6本。スクラムを起点とされ、南アにうち2本をとられた。1本は相手ボールのスクラムの時、日本がコラプシング(故意に崩す行為)の反則によるアドバンテージをとられたあとだった。日本はその試合から先発メンバーを5人入れ替えて、準々決勝に臨む。
 対する南アは、先発メンバーでは、W杯前の試合からFWを3人だけ入れ替えてきた。平均身長が192cm(日本は188cm)、平均体重は116kg(同109kg)。とくに両LO(ロック)は200cm台と高くて重い。ラインアウトの安定感は抜群で、その後のラインアウトモールで押し込んでいくのが得意パターンだ。
 この強力FWにどう対抗するのか。この試合のキーマン、HO(フッカー)の堀江翔太は「(FWの)8人全員が同じ方向を向けるかどうか」と言った。堀江はW杯前の南ア戦には出場していなかった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)