2億円の高額馬サトノフウジンは「兄と違いスピードの絶対値が高い」

2億円の高額馬サトノフウジンは「兄と違いスピードの絶対値が高い」

2億円の高額馬サトノフウジンは「兄と違いスピードの絶対値が高い」の画像

厳選!2歳馬情報局(2019年版)
第22回:サトノフウジン

 競走馬のセリ市「セレクトセール」で高値をつけ、早くから注目を集めてきた2歳馬がまもなくデビューを迎える。

 美浦トレセンの堀宣行厩舎に所属するサトノフウジン(牡2歳/父ディープインパクト)である。

 同馬は、2017年のセレクトセールで当歳セクションに上場されると、2億円(税別)という高額で取引された。落札者は「サトノ」の冠名で知られる里見治氏だった。

 同馬の母は、2011年〜2012年にアメリカで活躍したコンテスティッド。通算7戦5勝、ダートGI2勝という実績を残した名牝だ。そして、父が日本最高の種牡馬ディープインパクトとなれば、それだけの高値がつくのも頷ける。

 さらに、兄たちの活躍もこの若駒への期待を高める要因となっている。引退後、日本の社台ファームで繁殖生活を送っているコンテスティッドからは、すでに2頭の産駒がデビューし、いずれも勝ち星を挙げているのだ。

 そのうち、際立った活躍を見せているのは、2番目の産駒となるギベオン(牡4歳/父ディープインパクト)だ。


サトノフウジンの2つ上の兄で、GINHKマイルC2着の実績があるギベオン

 2017年にデビューした同馬は、その初陣を快勝し、続く年明けの500万下(現2勝クラス)も勝って、2連勝を飾った。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)