2億円の高額馬サトノフウジンは「兄と違いスピードの絶対値が高い」

続く3戦目には、GIII毎日杯(阪神・芝1800m)に挑戦。2着と奮闘し、重賞でも戦える力を示した。

 そうして、次戦はGI NHKマイルC(東京・芝1600m)に挑んだ。ここでも直線でしぶとく伸びると、勝ったケイアイノーテックにわずかクビ差の2着と健闘。3歳マイル王にあと一歩、というところまで迫った。

 その後、この年の秋にGIII中日新聞杯(中京・芝2000m)を勝利。待望の重賞初制覇を達成した。以降は、白星から遠ざかっているものの、才能豊かな走りを見せている。
 そんなギベオンの全弟となるサトノフウジン。トレセンにおける調整や追い切りからは、兄とは違った面が出ているそうだ。その様子を間近で見ている厩舎スタッフの評価を、関東競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「兄のギベオンは、中団から末脚を発揮するタイプで、距離はマイルから2000mくらいまで幅広く対応しています。一方、サトノフウジンは兄とは違って、とにかくスピードの勝ったタイプのようです。『マイル以下の距離で、先行して押し切るようなレースが向いているのではないか』と、スタッフは見ていますね」

 なお、調教では併せた相手から遅れを取ることもあったが、それについても陣営は、ネガティブには捉えていないという。前出のトラックマンがその真意を明かす。

関連記事(外部サイト)