F・マリノス、逆転優勝の重要なカギは「特別な選手」仲川輝人にアリ

F・マリノス、逆転優勝の重要なカギは「特別な選手」仲川輝人にアリ

F・マリノス、逆転優勝の重要なカギは「特別な選手」仲川輝人にアリの画像

力強い足取りで先頭グループを追いかける横浜F・マリノスが、ついに首位の背中に張りついた。

 J1第29節、3位の横浜FMは湘南ベルマーレに3−1で勝利。一方で、首位の鹿島アントラーズが松本山雅と1−1で引き分けたため、両者の勝ち点差は最少の1まで縮まった。

 鹿島と勝ち点で並ぶ2位のFC東京を含め、優勝争いは3チームがほぼ横一線。最近6試合で5勝1分けと勢いに乗る横浜FMの逆転優勝も、いよいよ現実味を帯びてきた。

 今節対戦した湘南にしても、現在16位に低迷しているとはいえ、決して戦いやすい相手ではなかったはずである。

 湘南ば貴裁(チョウ・キジェ)前監督のパワハラ問題が発覚して以降、6試合勝利から遠ざかり(2分け4敗)、最近2試合は0−5、0−6と大量失点での敗戦が続いていた。そこで、新たに就任した浮嶋敏監督は、自身の初陣に際し、”F・マリノス対策”を準備。前監督時代からの3−4−3をベースにしつつも、横浜FMのボール保持率の高いサッカーに対し、「引いて守るのではなく、しっかり前からプレッシャーをかけて、いい形でボールを奪うことを考えて」(浮嶋監督)、守備時は4−4−2にシフトする可変システムを採用した。中盤から前により多くの人数をかけることで、高い位置から積極的にプレスを仕掛けようという狙いである。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)