平尾誠二が描いたグローバル化。日本ラグビーの進む道と可能性を見た


「平尾さんのところにも(試合が)届くと思って、思い切り、全力でぶつかりました。僕自身、すごく楽しんでできた。悔いはない。やり切りました」
 ところで、平尾さんと共にプレーし、平尾さんが監督となった1999年W杯で代表選手だった村田亙さんもスタジアムで故人を偲んだ。日本ラグビーは1995年W杯でのニュージーランド戦惨敗(17-145)を屈辱とし、「日本全体でやらなければ」と世界に本気で挑んだ1999年W杯だった。
 そのため、平尾さんは慣習を破り、元NZ(ニュージーランド)代表のジョセフ(現HC)ら外国選手を6人も代表に選んだ。村田さんはSHの正ポジションをW杯直前、元NZ代表のグレアム・バショップ氏に譲った。村田さんは思い出す。
「世界で勝つため、日本代表の”グローバル・スタンダード化”をいち早く取り入れたのが平尾さんだった」
 それから20年。外国出身選手は、代表31人中15人に増えた。世界に伍していくためには、フィジカルの強い外国選手の起用は必然だろう。日本ラグビー協会の代表強化は進み、時間も労力も資金も投入するようになった。妥協を許さぬエディー・ジョーンズHC(現イングランド代表HC)がチーム強化に努め、日本代表に勝つ文化を根づかせた。
 その流れを引き継いだジョセフHCがさらに心身のタフさを求め、長期合宿でハードワーク(猛練習)を積んできた。

関連記事(外部サイト)