永井秀樹の考えをポルトガル語で「超訳」。再建を支える異色のコーチ

永井秀樹の考えをポルトガル語で「超訳」。再建を支える異色のコーチ

永井秀樹の考えをポルトガル語で「超訳」。再建を支える異色のコーチの画像

永井秀樹 ヴェルディ再建への道
トップチーム監督編(6)
(5)はこちら>>

永井秀樹監督と戦術について話す菅原智コーチ

永井の指示を
ポルトガル語で叫ぶ男
 永井ヴェルディを語るうえで欠かせない”ブラジル出身選手”というキーワード。9月8日のレノファ山口FC戦で2得点をあげ、衝撃的なデビューを飾ったジャイルトン・パライバや、過去J1得点王にも輝いたベテランのレアンドロ。そして、名門CRフラメンゴから加入し、世代別ブラジル代表にも名を連ねる21歳のクレビーニョなど、魅力的な逸材が揃っている。そんな彼らを公私ともにサポートするのが、ポルトガル語の通訳もこなす菅原智コーチだ。
 各選手の特徴や性格をひとつひとつしっかりと把握している。
「パライバは2016年にも海外経験がありますが、『どこの国のどんなリーグでも、サッカーの色や文化の違い、難しさがある。異国のリーグで成功するためには、俺のスタイルはこうだ、ではなくて、早くその国のサッカーや文化に順応することが求められる』と話しています。
 クレビーニョは、潜在能力の高さに加えて、真面目さと賢さがあります。ブラジルとはまったく違うリズムの中で取り組みながらも吸収力は高く、永井監督のサッカーにも共感して、理解しようと懸命に努力しています。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)