ラグビー福岡堅樹が15人制→セブンズへ。医師の前に東京五輪を目指す

ラグビー福岡堅樹が15人制→セブンズへ。医師の前に東京五輪を目指す

ラグビー福岡堅樹が15人制→セブンズへ。医師の前に東京五輪を目指すの画像

高校時代から磨いてきたタックルを何度も見せた。50メートル5秒台の自慢の快足を生かし、ゴール前にも迫った。だが、世界の強豪のゴールラインは遠かった……。

 多くのベテラン選手が代表引退を示唆するなか、韋駄天WTB(ウィング)福岡堅樹(パナソニック)も15人制ラグビーの代表引退をあらためて公言した。「やり切ることができました。何ひとつ思い残すことはありません!」。27歳の福岡は、今大会で完全燃焼した。


試合後、南アフリカの選手と健闘を称え合う福岡堅樹

 10月20日、ラグビーワールドカップで初のベスト8を決めた日本代表(世界ランキング6位)は、東京スタジアムで行なわれた準々決勝で南アフリカ代表(同5位)と激突した。前半ではいいシーンを何度か作り、ハーフタイムを3−5で折り返した。だが、後半は相手のフィジカルの前にタックル、スクラム、モールで圧力を受けて、最終的に3−26で敗れた。

 予選プールで3戦連続計4トライを挙げた松島幸太朗(サントリー)と「ダブルフェラーリ」を組んだ福岡は、好調を維持して南アフリカ代表戦に臨んだ。4年前に34−32で勝利した「ブライトンの奇跡」ではメンバー外。だが、この再戦では11番をつけて先発出場を果たした。

「自分たちのラグビーを世界に示してきた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)