八村塁が開幕スタメン濃厚。期待以上の出来とバスケIQの高さも示した

八村塁が開幕スタメン濃厚。期待以上の出来とバスケIQの高さも示した

八村塁が開幕スタメン濃厚。期待以上の出来とバスケIQの高さも示したの画像

NBAのプレシーズン4試合で平均約22分をプレーし、10.3得点、6.5リバウンド、1.3 アシスト。そんな数字が示す以上に、ワシントン・ウィザーズの八村塁が、ファンや関係者に好印象を残してきたことは間違いないないだろう。

「チームとしてすごくいい状態になってきている。シーズンにいい形で入れるんじゃないかと思っているので、すごく楽しみです」

 現地時間10月18日、フィラデルフィア・76ersとの最後のプレシーズン戦を終えたあと、八村が発した言葉からは確かな自信が感じられた。この日は8得点、3リバウンドを挙げ、イースタン・カンファレンスの優勝候補と目される強豪相手に堅実なプレーを披露した。

プレシーズンの4試合で評価を上げた八村

 そこに至るまでも、八村はさまざまな形でチームに貢献してきた。10月7日のニューヨーク・ニックス戦で12得点と上々のスタートを切ると、得点だけでなくリバウンドでも存在感を発揮。10月9日の広州ロングライオンズ戦では7リバウンド、13日のミルウォーキー・バックス戦でも12リバウンドを記録した。

 とくにオフェンシブ・リバウンドに強さを発揮し、こぼれ球をそのまま押し込んで得点につなげる場面が多く見られた。定評あるポストプレー、中間距離からのプルアップジャンパー(ドリブルで切れ込み、ストップしてからのジャンプシュート)以外の得点パターンを、早い段階で披露できたのは大きい。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)