監督の積極采配+選手の躍動で好循環。攝津正「ホークス4連勝もある」

監督の積極采配+選手の躍動で好循環。攝津正「ホークス4連勝もある」

監督の積極采配+選手の躍動で好循環。攝津正「ホークス4連勝もある」の画像

10月19日に始まった日本シリーズは、ソフトバンクが本拠地で連勝し、最高のスタートを切った。第3戦から場所を東京ドームに移して行なわれるが、ここまで2戦を終えて両チームの状態はどうなのか。ソフトバンクOBでもある解説者の攝津正氏にここまでの展開を分析してもらい、第3戦以降の行方を占ってもらった。


日本シリーズ第2戦で均衡を破る先制の3ランを放ちファンの声援に応える松田宣浩

—— 日本シリーズは1、2戦を終えて、ソフトバンクが2連勝という最高のスタートを切りました。一番の要因はなんだと思いますか。

「選手一人ひとりが、自分のすべきことをきっちりやりきったことだと思います。第1戦に先発した千賀滉大はけっして調子がいいように見えなかったのですが、それでも7回1失点と試合をつくった。そして攻撃陣も少ないチャンスをものにして得点につなげていった。結果的にはソフトバンクの快勝となりましたが、巨人がチャンスで1本出ていたらまったく試合はわからなかったと思います。ただ、そうさせなかったのは、バッテリーの粘りであり、巨人打線をよく研究していたなと思います」

—— ソフトバンクバッテリーに研究の成果が見えたのは、どのような場面でしたか。

「第1戦で千賀は、巨人打線にとにかくインコースを意識させた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)