八村塁はイースタン・カンファレンス新人王レースに食い込めるのか?

八村塁はイースタン・カンファレンス新人王レースに食い込めるのか?

八村塁はイースタン・カンファレンス新人王レースに食い込めるのか?の画像

2019−2020シーズン展望@イースタン・カンファレンス編

 昨季、フランチャイズ史上初のNBAチャンピオンに輝いたトロント・ラプターズ。だが、エース放出によって、新シーズンはチャレンジャーとして迎えることになった。今季のイースタン・カンファレンスを制するのは、どのチームだ?そして、八村塁の活躍は?


八村塁のNBAシーズンがいよいよ幕を開ける


 まず、日本のファンにとって最も注目度が高いのは、八村塁(SF)が所属するワシントン・ウィザーズ(32勝50敗/イースタン11位)だろう。左アキレス腱を断裂したエースのジョン・ウォール(PG)は全休濃厚で、今季はチーム再建に向けた1歩目となりそうだ。
※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。チームのカッコ内は昨季レギュラーシーズン成績。
 しかしその分、八村のプレータイムが増えることは間違いなく、今季の新人王争いに絡んでくる可能性も高まる。新人王はドラフト1位=ザイオン・ウィリアムソン(ニューオーリンズ・ペリカンズ/PF)、2位=ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ/PG)、3位=R・J・バレット(ニューヨーク・ニックス/SF)を中心に争われそうだが、伏兵も多い。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)