欧州サッカー通3人が指摘。レアル&バルサが今季も苦戦必至の理由

欧州サッカー通3人が指摘。レアル&バルサが今季も苦戦必至の理由

欧州サッカー通3人が指摘。レアル&バルサが今季も苦戦必至の理由の画像

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.72
 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富な達人3人が語り合います。今回は、今季序盤のビッグクラブのパフォーマンスについて、3回に渡ってお送りします。まずはスペインの2大クラブからです。

ケガ人が多く、不安定な戦いが続いているレアル・マドリー

――今季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)はグループステージ2節を終えたところですが、今回はお三方に優勝候補と目されるレアル・マドリー、バルセロナ、リバプール、マンチェスター・シティ、ユベントス、パリ・サンジェルマンについて、チーム状況などを踏まえて分析していただきたいと思います。まずは、スペインの2大ビッグクラブ、レアル・マドリーとバルセロナからお願いします。
<ジダン監督が強調する「インテンシティ」。
レアル・マドリーは守備を整えて調子を出したい>
倉敷 では、レアル・マドリーから。パリ・サンジェルマン、ガラタサライ、ブルージュと同組で勝ち抜けはそう難しくないと見ていましたが、いきなり初戦のパリ戦をアウェーとはいえ0−3というスコアで落としてしまいました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)