ウォリアーズ帝国崩壊→NBAは戦国時代へ。渡邊や馬場のチームは?

このプレーはNBAオフィシャルサイトの「Top10 Plays of the Night」で第7位にランクインするほどインパクトが大きかった。
※2ウェイ契約=NBAチームの傘下にあるGリーグでプレーしながら、最大45日間だけNBAのロスターに登録が可能な制度。
 今季は若手中心でチームの再建期に突入しているグリズリーズ。渡邊にもチャンスが巡ってくる瞬間が必ずあるはず。そのチャンスを確実にモノにしたいところだ。
 ウォリアーズ時代が幕を降ろし、混沌の新時代が訪れるのか、それとも予想外なチームの新たな長期政権が始まるのか……。今季のウェスタン・カンファレンスは間違いなく大きな変化が起きるシーズンとなりそうだ。

前へ 1 2 3 4 5 6

関連記事(外部サイト)