【木村和久連載】ゴルフコースの設計と円熟にまつわる「よもやま話」

【木村和久連載】ゴルフコースの設計と円熟にまつわる「よもやま話」

【木村和久連載】ゴルフコースの設計と円熟にまつわる「よもやま話」の画像

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第227回

 ゴルフコースが出来立ての時は、林間コースといえども、樹木が細くて頼りない感じがしますよね。個人的には、「こんな細木じゃあ、お尻が隠れないじゃないか!?」って……また用足しの話ですかぁ〜。

 たしかに、うっそうと樹木が茂ったコースのほうが、何かと隠れやすいです。その深い茂みのおかげで、ボールもよく紛失します。たとえボールが見つかっても、うまく脱出できないことも……。だから、円熟した林間コースは「難しい」と言われるのです。

 じゃあ、コースが開業して何年目あたりがベストなのか?

 おそらく、30〜40年目ぐらいじゃないですか。それ以上となると、木が生えすぎて、逆に弊害が出てきます。

 とまあ、今回はそんなコースの”円熟”や、コースの設計についての話をしたいと思います。

 どのコースも、開業時は恐ろしく木がやせ細っていて、本当に大丈夫なの?って感じに見えます。実際、細い木のそばにボールを打ってしまうと、樹木保護の名目で”青杭扱い(修理地)”になるので、そこから外に出して打ってください、というケースになることが多いです。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)