GI馬からでも高配当が狙える天皇賞・秋。穴党記者の狙いはこの4頭

GI馬からでも高配当が狙える天皇賞・秋。穴党記者の狙いはこの4頭

GI馬からでも高配当が狙える天皇賞・秋。穴党記者の狙いはこの4頭の画像

GI天皇賞・秋(10月27日/東京・芝2000m)は、GI馬が10頭も参戦。近年まれに見るハイレベルなメンバーがそろった。

 そんなレースにあって、最も注目されているのは、GI5勝のアーモンドアイ(牝4歳)と、今年のGI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)を勝ったサートゥルナーリア(牡3歳)との対決だ。「現役最強馬」と「3歳世代の怪物」がどんな戦いを見せるのかと、多くのファン、関係者が胸を躍らせている。

 人気の中心はこの2頭に、ダノンプレミアム(牡4歳)を加えた3頭と見られているが、過去を振り返れば、「2強」にしろ、「3強」にしろ、GIという大舞台において、並び立つことは意外に少ない。そして今回も、その歴史は繰り返されるかもしれない。日刊スポーツの松田直樹記者が語る。

「アーモンドアイ陣営が警戒するのは、サートゥルナーリア。アーモンドアイを管理する国枝栄調教師は、『同じロードカナロア産駒同士の対決で雌雄を決したい。あっちは、ダービーしか負けていない馬だしね』と、手ぐすねを引いていました。

 一方、サートゥルナーリアを担当する滝川清史助手は、『こちらは、挑戦者だから』と言いつつも、内面ではアーモンドアイとの対決に闘志を燃やしていることは明らかです。お互いを意識するあまり”両雄並び立たず”ということは、十分に考えられるでしょうね」

 さらに、デイリー馬三郎の吉田順一記者は、想定されるレース展開から、サートゥルナーリア、ダノンプレミアムの上位争いには疑問を呈す。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)