茨城にまたプロ注目の逸材右腕。広島ドラフト3位の鈴木寛人に続くか

身近な人物がプロに進むことで、自分もその世界をリアルに思い描くようになった。一條は「球速が150キロまでいけたら、プロに行きたいと思っています」と決意を込める。

「力真」という名前の由来を聞くと、一條は「たぶん、『力強く、真っすぐ生きる』という意味だと思います」と答えた。長い冬を越えて春を迎えた頃、たくましく「力」をつけ、爽快な「真」っすぐを投げる一條の姿が見られるはずだ。そしてその頃には、「茨城に鈴木寛人(霞ケ浦→広島3位)に続く逸材右腕が現れた」と大きな話題になっているに違いない。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)