伊東純也「あれは少し恥ずかしい」。リバプール戦で好機にまさかの転倒

伊東純也「あれは少し恥ずかしい」。リバプール戦で好機にまさかの転倒

伊東純也「あれは少し恥ずかしい」。リバプール戦で好機にまさかの転倒の画像

チャンピオンズリーグ(CL)第3節、ゲンクはホームに昨季の欧州王者リバプールを迎え、1−4と大敗を喫した。ホームの大声援にも後押しされ、ゲンクがボールを保有する時間帯もあった。チャンスもいくつか迎えた。だが、勝利にはほど遠く、失点はあまりにも多かった。それだけに、伊東純也の感想は複雑なものだった。


リバプール戦に先発、後半44分までプレーした伊東純也(ゲンク)

「(CL第1節の)ザルツブルク戦みたいに早く失点してしまいましたけど、そのあとはビッグチャンスに関してはこっちが多かったかな、特に前半は。(相手の最終ラインが高く)ボールを持たれるのはしょうがないということで、ブロックをひいてカウンターで……という狙いだったので、それが何回かうまくいってチャンスにつながったんだと思います」

 リバプールは試合開始早々、アレックス・オックスレイド・チェンバレンのゴールで先制する。だが、ゲンクに焦りはなかった。

「みんな、たぶん負けて当たり前だと思っているし……。いや、試合を見ている人たちがそう思っているだろうということですよ、俺たちじゃなくて(笑)。だからプレッシャーはなかったので、切り替えてやろうと思いました」

 昨季の欧州王者相手に「勝たなければならない」というプレッシャーを感じることはないはずだった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)