レッドブル・ホンダ、苦戦必至。高地メキシコで唯一希望は新型ターボだ

レッドブル・ホンダ、苦戦必至。高地メキシコで唯一希望は新型ターボだ

レッドブル・ホンダ、苦戦必至。高地メキシコで唯一希望は新型ターボだの画像

2015年にF1に復帰して以来、標高2200メートルのメキシコでホンダは苦戦を強いられ続けてきた。

 平地に比べて空気は約20%も薄く、そのままではエンジンに入る空気の量も20%少なくなるため、パワーも20%低下する。そこで、ターボチャージャーの過給圧をいつも以上に上げてより多くの酸素を取り込み、パワーダウンを最小限に抑えなければならない。


ホンダのターボは今年こそメキシコで結果を残せるか

 復帰当初の2015年はその想定が十分ではなく、レギュレーションの上限である毎分12万5000回転まで上げても補い切れなかった。ターボから発電するMGU-H(※)の回生量を大幅に抑えなければ、過給圧が落ちてまともに走れないような状態だったのだ。

※MGU-H=Motor Generator Unit-Heatの略。排気ガスから熱エネルギーを回生する装置。

 徐々にその状況は改善されてきたとはいえ、結果として2017年(マクラーレン)と2018年(トロロッソ)の10位入賞がこれまでの最高位であり、メキシコとの相性は決してよくない。1965年に第1期ホンダが初優勝を上げた場所であり、当時は自然吸気エンジンであったために各エンジンが大きくパワーを落とすなか、航空機エンジンの知見を生かした混合比セッティングで優位に立って勝利したことを思えば、皮肉な状況と言えた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)