渋野日向子は「吸い取られ」気分。「もう一つの戦い」へチャージの予感

渋野日向子は「吸い取られ」気分。「もう一つの戦い」へチャージの予感

渋野日向子は「吸い取られ」気分。「もう一つの戦い」へチャージの予感の画像

「バーディーを何個取れるかですね。(スコアの)伸ばし合いになると思います。私も(その争いに)遅れずについていきたいです」

 2日目を終えた前日、3日目の展望と自身の目標について、渋野日向子はそう語った。 

 しかし、渋野にはこの日、日没サスペンデッドで消化できなかった第2ラウンドの、ラスト3ホールが残っていた。

 スタートしたのは、午前7時。渋野は、早朝にもかかわらず詰めかけたギャラリーの熱意に応えるかのように、18番でバーディーを奪い、通算5アンダー、6位タイで第3ラウンドを迎えることになった。


第3ラウンドでは、同組のテレサ・ルーに煽られた渋野日向子

 賞金総額2億円。優勝賞金3600万円をかけて争われる秋のビッグトーナメント、NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(マスターズGC/兵庫県)。

 第3ラウンドは、渋野の読みどおりには進まなかった。”伸ばし合う”というより、ひとりだけがぐんぐん伸ばしていく展開となった。

 主役は、渋野と同じ組で回ったテレサ・ルー。次週、米女子ツアーのスウィンギングスカートLPGA台湾選手権(10月31日〜11月3日)に出場する渋野は、テレサ・ルーとその話もしたという。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)