「美しい日本のシンクロを守る」井村雅代は批判覚悟で中国に向かった

「美しい日本のシンクロを守る」井村雅代は批判覚悟で中国に向かった

「美しい日本のシンクロを守る」井村雅代は批判覚悟で中国に向かったの画像

連載「礎の人 〜栄光の前にこの人物あり〜」第5回:井村雅代(前編)
 派手なファインプレーは誰が見てもわかる。優勝の瞬間のヒーローもまた万人は知る。しかし、その場の勝利は遥か彼方にありながら、創成期や過渡期のチームを支え、次世代にバトンを渡すために苦闘した人物に気づく者は少ない。礎を自覚した人は先を見すえた仕事のしかたゆえに、その結果や実績から言えば凡庸、否、惨々たるものであることが多い。
 しかし、スポーツの世界において突然変異は極めて稀である。チームが栄光を極める前に土台を固めた人々の存在がある。「実はあの人がいたから、栄光がある」という小さな声に耳を傾け、スポットを浴びることなく忘れかけられている人々の隠れたファインプレーを今、掘り起こしてみる。
 連載の第5回は、日本のアーティスティックスイミング(旧名:シンクロナイズドスイミング)を語るうえで欠かせない人物、井村雅代。

厳しくも愛ある指導で日本のアーティスティックスイミングの礎を築いた井村雅代 photo by Kimura Yukihiko


 来年の東京五輪に向けて日本代表を率いる井村雅代は、「日本シンクロの母」と呼ばれている。オリンピックの正式種目となった1984年のロサンゼルス大会では元好三和子、木村さえ子組がデュエットで銅メダルを獲得して以降、自ら指導したソウル、バルセロナ、アトランタ、シドニー、アテネ、リオとすべての五輪大会で日本はメダルを獲得している。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)