大坂なおみがクビトバに勝利。自己流のマインドセット術で試合に臨んだ

大坂なおみがクビトバに勝利。自己流のマインドセット術で試合に臨んだ

大坂なおみがクビトバに勝利。自己流のマインドセット術で試合に臨んだの画像

初勝利を決めた瞬間、父親らがいる方向を見つめた大坂なおみ

 女子プロテニスツアーの最終戦・資生堂WTAファイナルズ(中国・深セン)のオープニングマッチに登場した第3シードの大坂なおみ(WTAランキング3位、10月21日付け、以下同)は、ラウンドロビンの初戦で、第6シードのペトラ・クビトバ(6位、チェコ)を、7−6、4−6、6−4で破って幸先のいいスタートをきった。
 2年連続2回目のWTAファイナルズ出場となった大坂だが、昨年は3連敗だったため、これがファイナルズでの初勝利となった。
「とてもうれしいです。すべてのトッププレーヤーがプレーしている大会ですからね。過去には少し苦しんだ部分もありましたし。高いランキングの選手とプレーするとき、なかなかうまくいかないこともあります。だからこそ、この大会は私にとって大きなチャレンジなのです」
 2019年オーストラリアンオープン決勝の再現となったこの対戦カード。第1セット第1ゲームを、クビトバがいきなり先にブレークした。クビトバは、サーブやストロークで強気に打っていく時、一撃でウィナーを奪える力がある反面、ミスが多い部分もあり、そこから大坂が反撃へ転じるチャンスがあった。
 また、サーブやストロークの打ち合いでは、クビトバがバックサイドにボールを集め、なかなか思うように試合の流れをつかむことができなかったため、大坂のメンタルのアップダウンが激しく、ラケットを何度も投げる場面があった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)