U−17日本代表、はや4強が見えた。欧州王者オランダに歴史的快勝

U−17日本代表、はや4強が見えた。欧州王者オランダに歴史的快勝

U−17日本代表、はや4強が見えた。欧州王者オランダに歴史的快勝の画像

日本が勝利したという結果もさることながら、内容がすばらしかった。だから、試合を見ていて痛快だった。

 テクニック、スピード(走るスピードも、パススピードも)、運動量、プレー判断、フィジカルコンタクト、空中戦、球際の競り合いなど、サッカーに必要とされる要素のどれを取っても、日本は互角以上に渡り合えていた。

 そのうえ、日本ならではの特長である、全員で力を合わせてプレーする組織力や粘り強さまで備えていたのだから、完勝を収めるのは当然の結果だったのかもしれない。

 相手がヨーロッパチャンピオンであったことも含めて考えれば、おそらくU−17日本代表史上ベストマッチ。少なくともU−17ワールドカップでの試合に限れば、そう言い切って構わないだろう。


U−17W杯、日本はグループリーグ初戦でオランダに快勝した

 10月26日(現地時間)からブラジルで開かれているU−17ワールドカップ。日本はグループリーグ初戦でオランダと対戦し、3−0で勝利した。昨年のU−16ヨーロッパ選手権を制し、今大会でも優勝候補と目されていた難敵を相手に、胸のすくような快勝である。

「試合に入って、正直、オランダはこんなにうまいのかってビックリした。最初は、ちょっとヤバいなと思った」

 ボランチとして攻守に奮闘したMF藤田譲瑠チマが、苦笑まじりでそう振り返ったように、試合は序盤、オランダペースで動き始めた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)