レッドブル・ホンダ、予選最速もまさか。不用意なドライビングも課題

レッドブル・ホンダ、予選最速もまさか。不用意なドライビングも課題

レッドブル・ホンダ、予選最速もまさか。不用意なドライビングも課題の画像

F1第18戦・メキシコGPの決勝後、ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは思わず両手で顔を覆い、その手を何度も上下させて大きく息を吐いた。

「まるでジェットコースターのようでしたから……」


レッドブル・ホンダはメキシコシティで予想外に速かった

 金曜フリー走行からマシンの仕上がりはよく、ほとんどセットアップの変更も必要ないほどスムーズに週末を進め、予選では最速タイムを記録して今季2度目のポールポジション獲得――。

 まさに絶頂まで登り詰めていったが、マックス・フェルスタッペンは予選最後のアタックで前走車バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)がクラッシュして黄旗が振られた区間でスロットルを戻さなかったとして、3グリッド降格ペナルティを科されてしまった。

 そして決勝では、スタート直後にルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)と交錯してコースオフを余儀なくされ9位まで後退。そこから挽回を図るなかで5周目、ボッタスを抜いた直後にフロントウイングを当てられ、右リアタイヤのパンクに見舞われて最後尾に落ちた。

 ジェットコースターのように絶頂から急転落し、レッドブル・ホンダは勝てたはずのレースを失った。

「金曜・土曜の結果、速さをレース結果に結びつけられなかったのが残念です。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)