安部裕葵、バルサBで存在感。だがトップ昇格へ残された時間は少ない

安部裕葵、バルサBで存在感。だがトップ昇格へ残された時間は少ない

安部裕葵、バルサBで存在感。だがトップ昇格へ残された時間は少ないの画像

安部裕葵は、控え組の6人と輪になって、リフティングに興じていた。同年代同士だけにリラックスした表情だ。他の選手の失敗に、一同に誘われるように笑みを洩らした。

 今夏、安部はバルサBに入団後、ほぼすぐにスタメンの座を勝ち取っている。U−22日本代表招集を挟み、4試合連続で先発出場。ゴールはなかったものの、そのセンスで見る者を唸らせていた。しかし第7節を前に筋肉系の故障で外れると、すぐに復帰したものの、先発の座を取り戻せていない。最近2試合は出場時間がむしろ少なくなり、この日も控えだった。

 リフティングのボールのコントロールを珍しくミスした安部は、キックがあてずっぽうになった。少し冷やかすような仕草をチームメイトがした。安部は苦笑いだった。


サバデル戦の後半30分から出場した安部裕葵(バルサB)

 10月27日。ヨハン・クライフスタジアムは、バルセロナの郊外にあるバルサの総合練習施設の一角に建てられている。バルセロナのセカンドチームであるバルサBのホームスタジアム。下部組織である「ラ・マシア」の少年たちにとっては、憧れのトップチームに昇格するための最後の登竜門だ。

 この日、リーガ・エスパニョーラ2部B(実質3部)のバルサBは、サバデルと対戦している。最近まで2部にいた相手で、昇格を争う直接的一戦ということもあって、今シーズン最高の4092人の観客を集めた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)