世界最高MFの転身。シャビ・アロンソに聞く「一番影響を受けた監督」

世界最高MFの転身。シャビ・アロンソに聞く「一番影響を受けた監督」

世界最高MFの転身。シャビ・アロンソに聞く「一番影響を受けた監督」の画像

「世界最高のMF」

 シャビ・アロンソ(37歳)は、そんな称号がふさわしい選手だったと言えるだろう。

 レアル・ソシエダでプロデビューすると、2002−03シーズンには”銀河系軍団”レアル・マドリードと一騎打ちを演じる(最終的にはレアル・マドリードに次いでリーグ2位でフィニッシュ)立役者となった。移籍したリバプールでは、2004−05シーズンにUEFAチャンピオンズリーグで優勝。2009年に移籍したレアル・マドリードでも、2013−14シーズンに欧州王者になっている。その後、バイエルンでは3年連続ドイツ王者に輝いた。

 その間、2008年ユーロ、2010年南アフリカW杯、2012年ユーロでも、スペイン代表として頂点に立っている。

「常勝将軍」

 そう呼ばれたのは2017年に引退するまで、所属したチームをことごとく勝利に導いた功績によるものだ。

 そのシャビ・アロンソが、監督人生をスタートさせた。


今季からレアル・ソシエダBを指揮するシャビ・アロンソ

 10月、スビエタ。サンセバスチャンの郊外にあるレアル・ソシエダの練習場は、朝の眩しい光に照らされていた。山を切り崩し、何層かにピッチが作られている。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)