赤星憲広の阪神ドラフト評価は何点?「上位が成長したら10年安泰」

赤星憲広の阪神ドラフト評価は何点?「上位が成長したら10年安泰」

赤星憲広の阪神ドラフト評価は何点?「上位が成長したら10年安泰」の画像

昨年に続き、高校生の上位指名が目立った今秋のドラフト。矢野燿大新監督のもとでリーグ3位となり、クライマックスシリーズのファイナルステージに進出した阪神は、1位で狙った奥川恭伸(星陵)は3球団競合の末に外したものの、将来有望な選手たちを次々と指名していった。

 プロ野球ファンの間でも評価が高いドラフトになったが、現役時代に5回の盗塁王に輝くなど、阪神のレジェンドOBである赤星憲広氏はどう評価したのか。


阪神から1位指名を受け、笑顔を見せる創志学園の西純矢

――今秋の阪神のドラフトに、赤星さんが点数をつけるとしたら?

「95点です。私が目をつけていた高校生たちが次から次へと指名されていくので、思わず『いいね!』と声が漏れましたよ(笑)。近年は、社会人や大学から即戦力を期待する選手の指名が続いていましたが、完全にシフトチェンジしましたね」

――1位指名を狙った星陵の奥川恭伸投手は、巨人、ヤクルトとの競合になり、抽選で交渉権を逃してしまいましたが。

「”外れ1位”で単独指名した西(純也/創志学園)も、奥川に引けを取らない投手だと思っています。個人的には、オリックスに1位指名された興南高校の宮城(大弥)にも注目していましたが、西にはプロで活躍するために必要なタフさがあり、ケガにも強そうなイメージがあります。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)