カミンスキーが思う「Jリーグファンからの重圧の少なさの一長一短」

カミンスキーが思う「Jリーグファンからの重圧の少なさの一長一短」

カミンスキーが思う「Jリーグファンからの重圧の少なさの一長一短」の画像

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

ジュビロ磐田 カミンスキー(3)

今年27シーズン目を迎えているJリーグは、現在、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになっている。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? この連載では、彼らの本音を聞いていく。

◆ ◆ ◆

「Jリーグのレベルは、ポーランドのエクストラクラサ(1部リーグ)よりも高いと思う。わけても、中盤の選手たちのボールスキルやビジョン、創造性などは、確実にJリーグのほうが優れている。


Jリーグのレベルと魅力について語るカミンスキー

 僕が移籍を決断する時に、日本のフットボールに詳しい人にその実情を訊いたように、もし今誰かに同じ質問をされたら、僕もここのレベルは高いと答えるよ。そして、甘い気持ちでは来ないほうがいい、と」

 ジュビロ磐田のクシシュトフ・カミンスキーは、現在プレーするJリーグと彼の母国のリーグを比較して、そう語った。現在28歳のGKは、ポーランドの1部リーグで3シーズンを過ごしたあとに当時J2の磐田へ移り、今季はJ1で4シーズン目を迎えている。肌身で感じたままを率直に話す彼は、自身もここで学んでいることが多いと言う。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)