小野伸二は沖縄でジーコになるか。FC琉球会長が語るビッグな近未来

小野伸二は沖縄でジーコになるか。FC琉球会長が語るビッグな近未来

小野伸二は沖縄でジーコになるか。FC琉球会長が語るビッグな近未来の画像

今年8月11日、北海道コンサドーレ札幌からFC琉球に電撃移籍した小野伸二は、沖縄で開催された入団会見で力強くこう話した。
「『沖縄をサッカー王国にしたい』という倉林会長の思いに賛同しました。自分自身、静岡県出身ということもあり、育ったところがサッカー王国と当時は言われていましたので、そういうものをまた沖縄という地で達成できたら、これほどうれしいことはないなと思いました」

FC琉球に来て、約3カ月。すでに大きな影響を与えている小野伸二

 日本が世界に誇る天才、小野伸二の心をつかんだのは、FC琉球会長にして、フットボールブランド、『sfida』を展開する株式会社イミオの代表取締役社長、倉林啓士郎だ。
 倉林は、2016年12月、資金難や相次ぐ社長交代などで迷走していたFC琉球の社長にJリーグ最年少となる35歳で就任すると、わずか1年で、スポンサーをこれまでの56社からおよそ2.3倍となる130社も獲得した。ホームスタジアムの平均観客動員数も1561人から2508人まで伸ばし、当初1億円以上あった赤字は半分にまで減った。翌2018年度は赤字を3000万円まで削減させ、クラブも創設14年目で初のJ2ライセンスを獲得すると、いきなりJ3で優勝してJ2昇格を決めた。
「ビジネスの世界で15年間、自分の会社を経営してきて、しかもそれがサッカーに関係する仕事なので、そこで培ってきたネットワークが、FC琉球を強くしていく、いいクラブにしていくにあたってフル活用できました。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)