アルゼンチン共和国杯は過去の激走3パターンに合致した3頭で勝負だ

アルゼンチン共和国杯は過去の激走3パターンに合致した3頭で勝負だ

アルゼンチン共和国杯は過去の激走3パターンに合致した3頭で勝負だの画像

秋のGIシリーズはひと休み。今週関東では、GIIアルゼンチン共和国杯(11月3日/東京・芝2500m)が行なわれる。

 2500mの長丁場。ごまかしの利かない舞台とあって、比較的堅いレースと言える。実際、過去10年の結果を振り返ってみても、1〜3番人気が8勝し、3連単の配当が10万円を超えたことは1度しかない。

 ただし、その1度が”大荒れ”だった。2009年、11番人気のミヤビランベリが優勝し、2着に4番人気のアーネストリー、3着に10番人気のヒカルカザブエが入って、3連単は92万2600円という高配当となった。

 また、その他の年も、2010年のコスモヘレノス(3着/9番人気)、2011年のカワキタコマンド(3着/8番人気)、2013年のアスカクリチャン(1着/7番人気)、2017年のソールインパクト(2着/7番人気)、そして2018年のマコトガラハッド(3着/11番人気)など、伏兵馬が何度も馬券圏内(3着以内)に絡んできている。

 ならば、波乱の展開を期待して、穴狙いに徹するのも悪くない。ということで、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで上位に食い込みそうな馬を探し出してみたい。

 過去の傾向から最初に着目したいのは、「格下の軽量馬」だ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)