羽生結弦もトゥルソワのジャンプを分析。点数はどこまで伸びる?

羽生結弦もトゥルソワのジャンプを分析。点数はどこまで伸びる?

羽生結弦もトゥルソワのジャンプを分析。点数はどこまで伸びる?の画像

アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)にとって、今季これまで出場したチャレンジャーシリーズのネペラメモリアルや、フリーのみで競われたジャパンオープンとは違い、本格的なシーズンインとなるグランプリ(GP)シリーズは、これまでとは違うプレッシャーがかかっても不思議でない。しかし彼女は、そうしたことを微塵も感じさせず、スケートカナダでその力が本物であることを見せつけた。


スケートカナダのフリーと合計で、世界最高得点を出したトゥルソワ

 そのすごさのひとつは、ここまで1試合ごとに進化する姿を見せていることだ。シニア初戦となったネペラメモリアルのフリーでは、冒頭から4回転ルッツ、4回転トーループ+3回転トーループ、4回転トーループと3本の4回転を並べ、それぞれGOE(出来ばえ点)加点をもらった。後半の3回転ルッツ+3回転ループは、3回転+2回転になるミスで減点されながらも、世界歴代最高の163.78点を獲得。合計でも世界最高の238.69点にしてきた。

 さらに2戦目のジャパンオープンでは、最初に4回転サルコウを入れてから、4回転ルッツ、4回転トーループ+3回転トーループと並べ、もう1本の4回転トーループは後半に持ってきて、1オイラー+3回転サルコウを付ける3連続ジャンプにした。最後のジャンプも3回転フリップから3回転ルッツに変えた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)