大迫勇也が復帰。先発のポジション奪還へ口にしたポジティブな言葉

大迫勇也が復帰。先発のポジション奪還へ口にしたポジティブな言葉

大迫勇也が復帰。先発のポジション奪還へ口にしたポジティブな言葉の画像

ドイツ杯2回戦ハイデンハイム戦で、大迫勇也(ブレーメン)が6試合ぶりに復帰した。68分にフィリップ・バルグフレーデに代わって途中出場すると、20分強プレー。得点にこそ絡まなかったものの、軽快な動きを見せ、負傷からの順調な回復ぶりをうかがわせた(試合は4−1でブレーメンが勝利)。


ドイツ杯ハイデンハイム戦に途中出場、ケガから復帰した大迫勇也(ブレーメン)

 試合後のフロリアン・コーフェルト監督は、「ユウヤにとって、いい形での復帰一歩目となった。もし本人が60分、70分プレーできると言うのであれば、週末は先発させるだろう」と満足げだった。よほどの痛みや違和感が出たり、メディカルチェックで問題が起きることがなければ、週末のホーム・フライブルク戦では先発出場の可能性が高いと見ていいだろう。

 大迫によれば、このハイデンハイム戦では「マックス30分の起用」と当初から決まっていたそうだ。試合の流れから結局20分強の出場となったが、大迫自身も、プレー自体にとても好感触を得たという。試合後のうれしそうな表情が印象的だった。

「今日、30分くらいできたのは、すごくプラスだと思う。(投入の時点で4−1と)点差も広がって、相手がもう前から来なくなったので、スペースがなくなったのが残念でしたけど、ゴール前に入る感覚も落ちてなかったし、あとは合わせるだけです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)