穴党記者が占うみやこS。王者インティに一発かますのはこの4頭だ

歩様や体質の問題で長く休養した時期もありましたが、ここに来て、しっかりと成長してきました。

 以前は逃げたほうが持ち味の生きるタイプでしたが、今は好位でも力を出せるようになり、競馬の幅が広がりました。京都は初めてになりますが、先行力もあり、自身のスピードが生きる舞台という意味では、プラスのほうが大きいと思います。重賞の今回、相手は強化されますが、今の充実ぶりなら、十分に通用すると見ています」
 大西記者が推すもう1頭は、重賞とオープン特別に出走した直近の5戦で2勝、2着1回、3着2回と、安定した成績を残しているヴェンジェンス(牡6歳)だ。前走では、距離を伸ばして挑んだオープン特別の太秦S(10月12日/京都・ダート1800m)で、豪快な追い込みを見せて2着に入っている。

「前走は初の1800m戦でしたが、中団からしっかりと脚を伸ばして2着。この距離でも戦える力を証明して見せました。他馬より重い58sという斤量を背負っていたことも踏まえれば、相当評価できる内容だったと思います。

 前走はおよそ3カ月の休み明け。主戦の幸英明騎手が『休み明けよりも、一度使ったほうがいいタイプ』と話しており、今回は前走以上の状態で臨めそうです。斤量が56sなのもプラス。好位でも、控えても競馬ができる自在性が武器で、流れを見ながらレースを組み立てられるのは、大きな強みです。

関連記事(外部サイト)